収益物件には種類が色々ある|不動産投資の基礎知識

婦人

リスクを操作できる契約

マンション

不動産投資のリスクをおさえる方法としてサブリース契約があります。サブリース契約は、不動産会社が物件を借り上げてくれるという空室リスクをなくしてくれる契約のことです。上手く使いこなすことでリスクをコントロールしましょう。

Read More

不動産投資を始めよう

ビルを持つ男性

収益物件という言葉を聞いたことのある方はたくさんいるでしょう。しかし、実際に自分で収益物件を管理している人はそれほど多くはありません。興味を持ってはいるものの、具体的にどうやって物件を探したり、選んだりすればいいのかはとてもわかりづらいものです。収益物件とは何なのでしょうか。その選び方や探し方を知っておきましょう。収益物件と簡単に説明すると、家賃収入から利益を得ることを目的とした物件のことです。収益不動産と呼ばれることもあります。収益物件には住居系・事務所系・テナント系と3つの種類があります。住居系は、マンションやアパートのことで手頃な価格で購入することができるようなものです。物件の探しやすさも一番で、初心者はここから購入するほうがいいでしょう。事務所系は、オフィスビルのことです。オフィスビルの借り手は主に法人になります。法人は住居系の借り手である個人とは異なり、一度借りると長期的に借りてくれます。長期的に安定した収益を得ることができるのがメリットです。テナント系や店舗などのことをあらわしています。飲食店やコンビニエンスストアのような店舗型のビジネスを行なう法人が借り手です。テナントが儲かってさえいれば、ずっと借り続けてくれます。店舗が借りやすい立地であることが重要になってきます。収益物件を探す方法は、不動産投資会社とインターネットがあります。良い物件の情報はインターネット上に出回る前に売れてしまうことも多くあるため、どちらかだけに依存せずに両方のいい所を活かしながら情報を集めるようにしましょう。

家賃が動く要因を考える

コイン

収益物件の収益性を決定付けるのは家賃です。家賃は周辺物件の家賃相場によってある程度自然と決まってしまいます。家賃相場が決める要因を把握して、収益性の高い物件を所有できるようにしましょう。

Read More

土地を上手に収益化する

駐車スペース

土地を上手く活用する方法としては駐車場の設置が有効です。駐車場なら土地を舗装工事するだけで運営は業者に全て委託することも可能になります。工事業者も運営業者もネットで簡単に探すことができます。

Read More