収益物件には種類が色々ある|不動産投資の基礎知識

メンズ

リスクを操作できる契約

マンション

不動産投資を考えるときに最も不安要素となるのが空室になることです。空室になると家賃収入が減ってしまうため、ローンの支払いが滞る可能性がでてしまいます。そんな空室リスクをおさえるために誕生したのがサブリース契約です。サブリース契約とは、不動産会社が物件を全て借り上げてくれるという契約のことです。不動産会社は借り上げた部屋に借り手を見つけることができないと赤字となります。そのため、全力で借り手を見つけようと動きます。もし、借り手が見つからなかったとしてもサブリース契約中であれば、オーナーには不動産会社からの保証料がしっかりと入ってきます。物件オーナーからすると、最も怖い空室リスクをなくしてくれるというメリットがあります。しかし、サブリース契約を結ぶ前に注意点もあります。それは不動産会社が保証してくれる保証料は、家賃よりも2割程度低い値段となるということです。不動産会社は赤字リスクを負うので当然だといえますが、もし自分でしっかりと空室リスクと向き合えるのであれば、満室時の収益はサブリース契約を結んでいないときの方が上になります。また、サブリースの場合、物件オーナーと入居者の接点がほとんどないということも注意点です。しかしこれは、面倒な入居者の管理も全て不動産会社に任せることができるというメリットでもあります。人によってメリット・デメリットの感じ方は違います。どんな人が自分の物件に住んでいるのかわからないと不安だという人は、少し気をつけた方がいいかもしれません。サブリースは上手く使うことで不動産投資におけるリスクを下げることができます。上手に利用していきましょう。